忍者ブログ

::: Logs Maniax :::

主にMMDモデル制作関連備忘録。
[105]  [104]  [103]  [102]  [100]  [98]  [97]  [95]  [94]  [93

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ホー様


……突然のルーキーブームでした。

G_Shader + Diffusion5(7と間違えた…) + コントラストを少し上げています。
ベースはミッシェルからの変形で9月の頭くらいから作っていました。これは2回目のMMDカメラテスト。(1回目は全体的な造形バランスを見るため、2回目は視野角やエッジ・Toon表示の確認のため、3回目に物理を入れての動作テストとなります)

この時点で髪やコート、装備品などのウエイトは手つかず…踊るととても残念な状態ですが、モーションを流し込みつつ、可動域に応じて剛体に必要なボーン数・位置などをざっくり考えたりします。


拍手



エフェクトなし。エッヂもなし。

カメラテストでは静止画を数枚撮って眺め倒して思いついた修正項目を一覧にします。
あまりまぶたを窪ませなくてよさそうだな〜とか、下睫毛外さない方が良かったとか、目光はデフォルトOFFだなとか、髪のサイドはもうちょいウェーブだよねーとか。

リアル系のシェーダを考慮して彫りというか段差をあまり深く入れるとデフォルト表示の際にエッジが目立ちすぎたりもするので、髪色が淡いキャラの場合はその辺りも一応確認しておきます。




一通りチェックが済んだら、Modifier適応前のblenderへ戻って気になったところを修正します。私はMMDをWindows7で、blenderは使い慣れたMacで、という制作環境なのでこの間の行ったり来たりがわりと億劫でして……モチベを保つ為には、どこまで仕上げてからカメラテストするか・どれだけ修正項目を詰めて戻って来るかのバランスが重要となります。あまり…行き来したく…ないのです……。


四の五の言わずに本腰を入れてウエイトを塗っています。


***
実は30-40巻辺りで止まっていたワンピースのコミックを5月の連休辺りからkindle版でじわじわと読み進めていました。ネタバレを全く気にしないし本誌も時折覗くのでおおよそ理解はしていましたが夏辺りにようやくルーキーブームが訪れ(笑)、現在は71巻のお預けを食らっている状態です……68巻にSBS入ってなかったし……^^(わら人形編みながら)



PR

Profile

Author: 紅郎(d962)



test
忍者ブログ [PR]